Redashの画面が真っ白になります

はじめまして

以下の環境でredashを構築しております。

OS:amazon linux 2
docker:18.09.9
docker-compose:1.24.1

次のredashの公式インストール手順に従って構築しておりました。
https://redash.io/help/open-source/dev-guide/docker

redash本体はgitから以下のバージョンでgit clone してきています。

最初は、開発用のdocker-compose.yml(https://github.com/getredash/redash/blob/v8.0.0/docker-compose.yml)
で構築をしておりましたが、途中で開発用途であることに気づき、製品版?の方のymlファイルを(/setup配下のdocker-compose.yml)使って構築を始めました。

こちらのサイトを参考に


envファイルを作ってdocker-compose run および docker-compose up -d
を実行して、redashにログインするところまでできました。

昨日まで上記作業をしていましたが、redashサーバは毎日定期再起動するようになっておりまして、
翌日サーバもう一度redashにアクセスしたところ、真っ白の画面しかでなくなってしまいました。
docker psコマンドなどでも確認しましたが、各コンテナ自体は起動しております。

何か原因に心当たりがある方はいらっしゃいますでしょうか。

宜しくお願いいたします。

@yuuuuuuuuji
こんにちは。画面がまっしろとのことなので、JS 周りでなにか起こっているかもしれません。
Chrome などの「開発者ツール」で、JS のコンソールに何かエラーがでているか確認してみてください。
もし、エラーが出ているようであれば、そのエラー内容を共有していただければ解決につながるかもしれません。

1 Like

@ariarijp

お返事ありがとうございます

確認したところ、404エラーが 出ていました。

よくわからなかったので、docker-compose down --rmi all --volumes
ですべて削除し、(そのあと残存していたイメージもあったので、docker removeで全部消し)
再度docker compose up -d をして、見れるようになりました。

ちなみにdocker環境でredash構築したことはありますでしょうか。
現状、管理画面がみえてはいるのですが、いまいち正解の手順が分かっておりません。
公式の手順も行ったり来たりしてるように見えてどれが正解かよくわかっておりません。
要件次第な部分もあるのだとは思いますが、
経験がありましたら、教えていただけないでしょうか。

Docker まわりを再構築されて改善されたのですね。共有ありがとうございます。

現状、管理画面がみえてはいるのですが、いまいち正解の手順が分かっておりません。

「正解の手順」といわれると、環境や要件によって異なるので答えにくいのですが、v8.0.0で提供されているスクリプトを使用して環境構築する手順を簡単にブログでまとめてみました。

http://ariarijp.hatenablog.com/entry/2019/12/19/003744

よろしければご覧ください。

@ariarijp

お返事ありがとうございます。

ブログ見させていただきました。

今回Amazonlinux2を使用しているのですが、
ubuntu用のセットアップスクリプトで
よいのでしょうか?

スクリプトの中身を見ていると
apt-getコマンド等使っており、
amazon Linux2では実現できなかったような
覚えがありまして…

そうですね。Redash は Ubuntu 前提のセットアップになりますので、Amazon Linux を利用されたい場合は特に公式に提供された手順はありません。
Ubuntu 向けのスクリプトを見ながら、RedHat 系のコマンドやパッケージに書き換える必要がありますが、そのあたりについては私の方でもフォローしきれないことをご理解くださいませ。

@ariarijp

ありがとうございます。

Ubuntu前提だったんですね…今回はAmazonlinux2にdockerを入れて、docker上にredashコンテナを建てました。
amazon linux というかAWS使いたいなら、docker上にじゃなくてAMIで立てろって感じなんですかね

公式ドキュメントにも記載がある通り、AWS であれば AMI を利用することを私もおすすめします。

https://redash.io/help/open-source/setup

@ariarijp

ありがとうございます!